忍者ブログ

漫画読書日記

自己満足の為の読書感想文。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近購読した漫画05【古本/少年漫画(アクション)】



 細かく分けるならば、それぞれ別のジャンル分けも可能なのでしょうが、とりあえず少年漫画誌で連載された作品の中から、敵と戦うアクション主体の物を集めてみました。去年の7月(日付不明)・7月(日付不明)の2回に分けて買った物で、かなり安く購入出来た事もあって、値段とレアリティの兼ね合いで判断すると、この時購入した物はどれも結構な掘り出し物ではないかと思います。大手チェーンに押されて、最近数が少なくなってきている個人経営の古本屋ですが、こういう発見があるから見過ごす事は出来ませんね。

 「男坂(OTOKOZAKA)」 車田正美(KURUMADA MASAMI) 1・2・3巻・・・・・「週刊少年ジャンプ」1984年32号〜1985年12号に連載された、この時代には既に時代遅れになりつつあった喧嘩物の番長漫画。海外からの侵略に備えて東日本を統一しようとしている途中で、打ち切りとなってしまった。確かに「リングにかけろ(Ring NI KAKERO)」や「風魔の小次郎(FUUMA NO KOJIROU)」の後に連載された作品だという事を考えると、単なる一般人の喧嘩漫画というのは、スケールダウンしてしまっている感は否めないのだが、他作品と区別してこの作品だけを単体で読んでみると、実はそう悪い作品ではないと思います。
 特にアメリカでの、世界中のジュニアのドン(番長みたいな物?)が集る会合に於いて、日本が他の全ての国々から下等・劣等と見下され、簡単に侵略出来る「取るに足りない存在」だと見くびられているシーンには、凄く痺れる物を感じましたよ。この「今に見ていろ!」的なシチュエーションが凄く好きなんですよね。未完のまま終わってしまった事が残念でなりません。作者はカバー折り返し部分のコメントで「読者の支持が得られるなら、すぐにでも続編を描きたい」「自分にとって、最後まで描き尽くしたい作品」と語っていましたが、あれから25年も経ってしまった今となっては、もうその気も無いのでは…?「天塊星」が主人公を象徴するという設定なので、もし連載が続いていれば、「水滸伝」の様に108人の仲間が主人公の下に集るという、壮大な話が予定されていたのかも知れない…。
 これは3册セットで250円(1册83円)で購入。

 「仏ゾーン(BUTSU Zone)」 武井宏之 (TAKEI HIROYUKI) 1・2・3巻・・・・・前述の「男坂(OTOKO-ZAKA)」同様短期間で打ち切られてしまった作品ですが、その原因の一つとして、やはり仏像の擬人化&ヒーロー化という設定が、当時としては余りにも奇抜で斬新過ぎた事が挙げられると思います。可愛らしい絵柄と、仏像を格好良く描くというコンセプトの組み合わせの妙、全てを赦すという一風変わったヒーロー像。そしてキャラは皆魅力的であり、ウケる要素は多分に内包されていたと思うのですが、やはり時代が早過ぎたのかも知れません。現在の様に、あらゆる事象の擬人化や萌え化が、流行を通り越して定着している時代ならば、割とすんなり受け入れられていたのではないかと思うのですが…。とにかく残念な良作ですね。「シャーマンキング」と世界観が繋がっているそうですが、そちらは未読なので、いずれ読まなければなりません。
 「週刊少年ジャンプ」1997年12号〜30号に連載。1巻には1996年に「週刊少年ジャンプ サマースペシャル」にて発表された読み切り版「仏ゾーン」、2巻にはデビュー作「デスゼロ(DEATH ZERO)」、3巻には1994年に描かれた手塚賞佳作作品「ITAKOのANNA」も収録。これは他の本と合わせて、5册で400円(1册80円)で購入しました。

 「ジャスティ(JUSTY)」 岡崎つぐお(OKAZAKI TSUGUO) 1・2・3・4・5巻・・・・・「週刊少年サンデー増刊号」1981年8月号・11月号〜1984年8月号に連載。超能力を持った犯罪者を専門に処刑する任務を帯びた、銀河系最強の超能力者と呼ばれる少年ジャスティ。その特異な能力及び任務故に、平穏な暮らしなど望むべくもなく、常に苦悩と戦い続ける。
 ジャスティを父の仇と狙う少女アスタリス。生体エネルギーを吸収して、人を殺め続けなければ生きていけない「青い魔女」。ジャスティを1人の男性として愛してくれた姉・ジェルナの死。地球人・立花美子(TACHIBANA MIKO)との2度の出会い、そして別れ。「アクション漫画」に分類しましたが、戦いそのものよりもストーリー性の方が際立っていて、その内容は皆悲しく切なく、主人公絡みの恋愛要素も悲恋に終わる事が殆ど。全体的に暗い印象はあるものの、自分の活躍に酔っている様な薄っぺらいヒーロー物には無いその〝重さ〟故に、この作品は隠れた名作と呼べるのではないかと思います。
 これは5册セットで300円(1册60円)で購入しました。
PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
manken99
性別:
男性
自己紹介:
単なる一介の漫画読み。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
  Copyright 2017 漫画読書日記 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]